top profile works

yuRi=paRadox



[index]
略歴
私が表現したいこと「私=パラドックス」
私の制作方法
私が影響を受けたもの
私の好きなもの



black

村岡由梨 / 映像作家
1981年 / 東京生まれ

1994年 / 日本女子大学附属豊明小学校卒業
1997年 / 日本女子大学附属中学校卒業
1998年 / 日本女子大学附属高等学校中途退学
2003年 / イメージフォーラム付属映像研究所(第26期)卒業
私が生まれる前、私の母は、桐朋学園演劇科に所属す
る女優の卵でした。母は、当時未だ医学生だった私の父
との結婚を機に女優の道を断ちましたが、そんな母の影
響で、私は、物心ついた頃から「自分は将来、表現の道
に進むのだ」と心に決めて生きて来ました。
高校中退後、数年間絵を描いたり小説を書いたり旅行し
たりしたのち、ある演技私塾に入塾して演技のレッスンを
始めましたが、(自分の体質に合わなかったのか)退屈
だったのですぐに辞めました。その頃知り合ったイメージ
フォーラム出身の映像作家の作品制作に会計の責任者とし
て参加したのを機に「イメージフォーラム」の存在を知
り、2002年4月、同付属映像研究所に入所しました。

私が表現したいこと「私=パラドックス」
小学校の卒業文集で「パラドックス(逆説)」をテー
マにした作文を書いて以来、私にとって「パラドック
ス」という言葉は、自分自身を語る上で無くてはならな
い存在になりました。中学生の時に読んだ三島由紀夫の
小説「仮面の告白」で、三島が自身を「私は無益で精巧
な一個の逆説である」と定義しているのを知りましたが、
この定義はそのまま私にも当てはまります。
私が表現したいもの。それは、私自身の核「私=パラ
ドックス」です。表現手段にこだわりは無く、絵でも文
章でも映像でも何でも良いのです。その表現を通して、
私は、私にとっての安楽の地「夢・現実・性別・人種・
国籍…等、あらゆる境界を超越した世界」へ行き、永遠
にそこで生き続けたいのです。

私の制作方法
私の作品は「自画像」の意味合いが非常に強いので、基
本的に私以外の人間は出演しません。大道具・小道具等の
美術制作もほとんど私一人で行い、撮影も、カメラに数m
のリモコンを取り付けて自分で行います。ですから、制作
現場に自分以外の人間を入れるということはほとんどあり
ません。映像作品といっても、一人でキャンバスに向かっ
て絵を描いている感覚に近いです。
また、私の作品は、フィクションではありません。どの
作品も、私が見たもの・聞いたもの・体験したこと…等の
忠実な再現です。作品中に描かれるもの全てが私にとって
の「現実」なのです。

私が影響を受けたもの
私が歴史上で最も尊敬し、最も影響を受けたのが、ク
イーン(英国のロックパンド)です。彼等の音楽だけでは
なく、作品作りに対するスタンス等あらゆる面が大好き
で、本当に多大な影響を受けました。
私は、自身の処女作「The Miracle」(2003年)の後半
部分で、大好きな曲の一つである「The Miracle」(1989
年)を使用しています。この曲の歌詞が作品の内容とマッ
チしていたこと、私自身辛い時に必ず聴く曲であること…
等が使用した理由なのですが、メロディ・歌詞共にこの世
のものとは思えないほど美しく、本当に素晴らしい曲で
す。正式な使用許可は得ているのですが、インターネット
上で使用することには問題がある為、私の作品
「The Miracle」はスクリーン等で上映する機会がある時に
是非観て頂きたい作品です。

私の好きなもの
私は物事の好き嫌いがはっきりしていて、好きなもの
は徹底的に好きですが、嫌いなものは徹底的に嫌いで
す。嫌いなものを列挙するとそれだけで気分が悪くなる
ので、以下、好きなものだけを列挙します。
アンリ・ルソー(画家)、グスタフ・クリムト(画
家)、遠藤周作(作家)、手塚治虫(漫画家)、国際政
治学、国内外の児童文学、動物、「ウォレスとグルミッ
ト」(英国のアニメーション)…等。あと、音楽(クラ
シックでもポップスでも)と映画。音楽の無い生活など
考えられません。映画は特に50,60年代のハリウッド映
画が好きです。クラシック・バレエを約10年間やって
いた影響か、バレエも好きです。
とにかく、ロマンティックなものが好きです。上記の
ものからは、多かれ少なかれ影響を受けていると思いま
す。
また、最近「フリーダ」(2002年・米)という映画
を観て以来、フリーダ・カーロ(画家)も好きになりま
した。彼女に関する文献を読んだりすると、自分と共通
する部分が非常に多いと感じます。

yuri muraoka 2004-2017 © copyright
↑page top↑
diary links mail

pRofile



[index]
Artist Statement
Biography
CV(May 2,2017 Last up date)



white

Yuri Muraoka / filmmaker
Artist Statement
"I am a futile and elaborate paradox." (Yukio Mishima)
What I try to express throughout my works is my core “I am equal to a paradox.”
The words of Yukio Mishima quoted here also applies to me.
In my works,this proposition is expressed by white,black and the cube.Specifically,
“White” and “Black” express “Ambivalence” which is about to split me into two.
“The cube” comes from the fact that it was left in the bottom of a big pot after boiling me in it.
Althogh my works are visual works,my feeling when creating is close to that of drawing
a picture on a canvas alone. So I become the motif of many of my works.
Most of the art production and cinematography is done by myself.
My works are also a faithful reproduction of what I have seen,heard and experienced.
Everything depicted in my works is “reality” for me.

Biography
Born in Tokyo in 1981.
Dropped out of the high school attached to Japan Women's University,
graduated the 26th class of Image Forum Institute of the Moving Image.
Continues to create moving images and photographic works of " self-portrait”.
All of her works are self-created and self-performed. Mother of two children.

CV
【Solo Exhibitions】
2008
Yuri Muraoka Solo Exhibition "Origin of Flowers" / SHINJUKU GANKA GALLERY (Tokyo,Japan)
2006
SENDAI ART ANNUAL 2005 smt prize exhibition
"yuRi=paRadox 〜sleep is equal to awake〜" / Sendai Mediatheque (Sendai,Japan)

【Group Exhibitions】
2014
9th TAGBOAT AWARD / Theatre CYBIRD (Tokyo,Japan) & Galerie F&F (Taiwan)
2005
SENDAI ART ANNUAL 2005 (Sendai,Japan)
5th 21st Century Asia Design Competition (Kyoto,Japan)

【Screenings】
2017
AVIFF Art Film Festival (Cannes/France)
17th Media Art Biennale WRO 2017 DRAFT SYSTEMS (Wroclaw,Poland)
Bogota Experimental Film Festival / Cineautopsia (Bogota,Colombia)
Experiments in Cinema (New Mexico,USA)
Athens International Film + Video Festival (Ohio,USA)
The 2017 West Virginia Mountaineer Short Film Festival (West Virginia/USA)
CLOSE-UP (London/UK)
13th IAWRT Asian Women’s Film Festival (New Delhi,India)
39th Annual Big Muddy Film Festival (Illinois,USA)
Chicago Feminist Film Festival (Illinois,USA)
Richmond International Film Festival (Virginia,USA)
8th Cairo Video Festival (Cairo,Egypt)
New Jersey International Film Festival (New Jersey,USA)
2016
ALTERNATIVE FILM/VIDEO 2016 (Belgrade,Serbia)
HIKARU ONNA -The Luminous- (Tokyo,Japan)
2nd KuFF the Kumu Art Film Festival (Tallinn,Estonia)
Staunton International Film Festival (Virginia,USA)
ASK? Moving Image Festival 2016 (Tokyo,Japan)
Image Forum Festival 2016 (Tokyo etc.,Japan)
2010
ASK? Moving Image Festival 2010 (Tokyo,Japan)
2007
"KITAI collection 2001-2006 Autumn/Winter" (Tokyo,Japan)
Image Forum Young Perspective 2007 (Tokyo,Japan)
2006
FLEXFEST (Florida experimental film/video festival) 2006 (Florida, USA)
2005
ASK? Moving Image Festival 2005 (Tokyo,Japan)
2004
Image Forum Young Perspective 2004 (Tokyo,Japan)
2003
Broadband Art and Contents Award Japan (BACA=JA) 2003 (Osaka,Japan)
Image Forum Institute of Moving image 26th Graduation Exhibition (Tokyo,Japan)

【Award / Prize】
2017
New Jersey International Film Festival , Honorable Mentions
2016
ALTERNATIVE FILM/VIDEO 2016, Selection of Important Cinematic Works from the Festival
ASK? Moving Image Festival 2016 , Accepted
Image Forum Festival 2016 Japan Tomorrow , Excellence Prize
14th 1_WALL Photography Competition , Jury's Special Prize, (Awarded by Koutarou Iizawa )
2014
9th Tagboat Award , Second Grand Prix
2005
SENDAI ART ANNUAL 2005 , Grand Prix (smt Prize )
& Jury's Special Prize (Awarded by Koutarou Iizawa etc.)
5th 21st Century Asia Design Competition , Accepted
ASK? Moving Image Festival 2005 , Accepted
2003
Broadband Art and Contents Award Japan(BACA=JA)2003 , Excellence Prize,etc
Image Forum Institute of Moving image 26th Graduation Exhibition , Grand Prix

copyright © 2004-2017 yuri muraoka
↑page top↑